へなちょころね

短編ギャグマンガを載せるサイト。へんてこなモノやヒトが登場するものの、活躍はしません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/10/27 [Wed]

051 「動けぬ目覚め」

konkuri-.jpg

半月続けたお祭りも終わり、一息ついていたらいつの間に月末でした。
これだから不定期更新はいけませんねぇ。

コメント欄、拍手コメント欄にて
「お気に入りエピソード」を書き込んでくださった方々ありがとうございました。

看板キャラクター・ねこ課長の評判が良かった事に心からホッとしました。
あと、意外なお話が意外な人気を博していた事が本当に意外でしたねー
中には雑誌用に提出してボツになったモノもあったので、ちょっと嬉しかったり。

では、ついでに拍手の多かった作品をランキング形式で。

3位 025「ご注文は」30票 ファミレスでランプをこするお話。
2位 026「うさぎとかめとさかな」31票 さかなくん第1弾。
1位 001「占いの結果」32票 記念すべき当サイト第1作目。

うぅーん、一番評価が高い話が最初の話って、どうなんだろう・・・
1年経っても最初作ったモノを越えられてないって事だよなぁ。

いや、そんなネガティブな考えはさておき、
3つとも自分も好きな話だったので、まぁ良かった良かったという事で。
後は布団が吹っ飛ぶ話と信長の話が個人的にはお気に入りです。

これからも「まぁまぁだな」と思った話の拍手ボタンを押していただけると、
作者のたるんだやる気を復活させ、傾向と対策が練りやすいので非常にありがたいです。

では、また来月・・・おそらく中旬に!
スポンサーサイト
2010/10/14 [Thu]

050 「大海を割って」

sakana4--.jpg

ようやく達成しました、50本目!
1周年突破前にここまで来れて本当に嬉しいです。
その記念すべき回が、この話で良いのかと聞かれると困ってしまいますが。

1年で50本という事は、数値の上では週1本ペースということに!
最後物凄い駆け足でしたけど、そういうことになりますね、やった。

もし当サイトへお越しの方でお時間ありましたら、
この50本の中で一番印象に残っているお話を教えていただけたら嬉しいです。
私ともよもよの気に入っている作品も選んでみたいなぁーと思っています。

これにて「へなちょこ祭り」は終わりますが、
今後も出来る限りちょこちょこと更新は続けてまいりますので、
「そういやあのサイトまだあるのか?」なんて頻度で見に来ていただけると嬉しいです。
2010/10/12 [Tue]

049 「今、思いついた」

dos3--.jpg

以上、久しぶりのシリーズモノでした。

たった今、女の子の鞄が移動している事に気がついたんですが、
もうどうしようもないので、皆さん気づかなかった事にして下さい。
指摘している人を見たら、「しーっ!」って言ってやって欲しいです。

多分、3コマ目の間に、気合入れて鞄をかけなおしたんでしょう。
そうでしょう、ええ、きっとそうなのです。

評判次第では続きを描きたいのですが、
今のところ「ゼリーくん」ぐらい票が入っていないので、難しいかな。
あれも好きだったのになぁ、やっぱりグロかったかなぁ。

それはさておき、次回はいよいよ記念すべき50本目!

まだ絵は完成していませんが、
「へなちょこ祭り」のフィナーレにふさわしい話になるはずです!
きっと! 多分! おそらく!

2010/10/10 [Sun]

048 「本当はこっち」

dos2---.jpg

はい、シリーズ2回目です。
垂れ目より釣り目のほうが絵的には映えると思うのですが、皆様はいかがでしょうか。

あ、前回書いた「デザインで揉めた」という話で、もう1つありました。
髪の毛の色です。

少年誌・青年誌を読んで育った男の私にとって、
マンガで「髪の色が塗られていない人=金髪」って捕らえてしまうですが、
少女誌を読んで育ってきた女のもよもよにとって、
マンガで「髪の毛が塗られていない人=茶髪~金髪」って解釈なんです。

そういえば少女マンガって、
黒塗りが極端に少なく、濃いトーンも殆ど貼らないから、
全体的に紙面が白いんですよね。
だから赤毛も茶髪も金髪も、みんなまとめて「白」だったりする。

この育ってきたマンガの差で、髪の色について何度も口論になりました。
「へなちょころね」の彩色は私がやっているので、
私に色の決断権があるのですが、
雑誌に掲載する原稿はもよもよ様がトーンを貼るので、あちらに権利があります。

他にも「育ったマンガの違いによる口論」は結構あるので、
思い出したときにまたここで書いたり書かなかったりしようと思います。
ここ数年の記憶力から察するに、多分何も思い出せなさそうですけど。

それはさておき、次回でこのシリーズ完結です!
大したヤマもオチも無いので、過度な期待はやめて下さい!

そこそこのヒット数を叩いている「へなちょこ祭り」ですが、
次回分までしか原稿が完成していないので、
もしかしたら49回目という非常にキリの悪いところで祭りが終了し、
1周年を迎えるかもしれません。

まぁ、それもこのサイトに合ってるかな。
2010/10/08 [Fri]

047 「多い方をあげる」

dos1--.jpg

久しぶりの新キャラクター、久しぶりの新シリーズ。
今のところ3部作を予定していますので、
あと2回、彼らの行く末を見守っていただけるとありがたいです。

あまり「気の強そうな意地悪そうな女の子」って描いたことが無いので、
もう作者2人でケンカみたいな言い争いを経て、彼女のデザインが決まりました。

前回の変態おじさんはすぐ決まったのになぁ。

2010/10/06 [Wed]

046 「街角の予言者」

miraa--.jpg

これだけ頻繁に更新するのは開設当初以来ですね。
いやぁ、簡単そうに見えて、実はなかなか大変です。
始めた頃はこれくらいのペースでずっと続けたかったんだけどなぁ。

カーブミラーに限らず、ガードレールとか横断歩道って、
一体どなた様の基準で「ここに作ってOK」の判断が下されてるんでしょうかね。

ウチの近所に三叉路ならぬ五叉路があるのですが、
交通量の多い割りに10年前まで信号が無く、かなり事故が起きていました。
もう五叉路作った時点で信号機を設置しろって感じなんですけど、
もしかしたら「事故3回で信号機設置」みたいな裏の掟でもあるんでしょうか。

あ、そういえばウチの裏は行き止まりになっているんですが、
70cmくらいの段差を降りれば「徒歩の人のみ使える道」ってのがあるんです。
(説明が下手なので分からない人も多いと思います。とにかく凄い段差があるんです)

この段差、昇るのに一旦地面に手を付かなければ乗り越えられない程高いんですが、
ここを通ると非常に便利なので、ご近所さんがレンガを積み、お手製の階段を作ってくれました。
さすがにお年寄りはムリですが、子供もおっちゃんもみんな
このグラグラする5段ほどの階段を踏んで通勤通学、散歩に遊びに出掛けていました。

ところがある日、
そんな階段が取り壊され、手すりの付いた綺麗なコンクリの階段が作られました。

完成の日、やってきたのはスーツを着た40代くらいの男。
たまたま庭に出ていた祖母に「どうですか、あの階段は」と話しかけてきました。
聞くとその男、市議会議員で、階段を新設するよう働きかけたんだそうです。

おそらく「近隣住民に恩でも売って、次の選挙も・・・ニヤリ」的な発想だったんでしょう。
無くても構わない物をわざわざ税金使って作っておいて、その手柄を広めに来やがって。
そんなことを思った祖母は、
笑顔で男に「階段ができて本当に良かった」「おかげで散歩に行きやすい」等々
心にも無い事を並べ立て、しまいには硬い握手まで交わして、家へと入ってきました。

勿論、選挙は違う人に投票していました。

・・・・・・カーブミラーから全然違う話になってしまいましたね。
最後にひとつ、今回のお話を描くにあたって、2人で絵の練習をした箇所があります。
それがどこだかお分かりでしょうか。

答えは「モ」から始まって「ク」で終わるものです。
2010/10/04 [Mon]

045 「気分は歌姫」

karaoke---.jpg

カラオケで自分が歌うのはイヤですが、
知らない曲と出会えるので他人の曲を聴くのは結構好きです。

歌手による本物の歌声を聞く前に、
素人の歌声で曲を知るというのはなかなか味があるもの・・・なのかなぁ。
70年代の曲などは、ご本人の歌声を知らないままのものが多くあります。

そういえば、カラオケのトイレですれ違う人って
皆ちょっと疲れていて「休憩」って感じトイレへ入っていくんですが、
あれって何なんでしょうね。

「早く用を済ませて楽しい部屋に戻らなきゃ!」って
感じの人を見たことが殆どありません。
私だけでしょうか。

 | HOME |  »

へなちょこたち

カレンダー

09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

遥那もより

Author:遥那もより
話 : たくすけ
  おいしいものが好きです。
絵 : もよもよ
  お腹がすくのが早いです。

ランキング投票

気に入ってくれたらぽちっと

広告!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。